<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

昨日購入した小説の感想を書いてみる

JUGEMテーマ:日記・一般


 さて、特に書くことも無い一日…というのもなんなので、昨日

買ったライトノベルの感想でも書こうかと思います。

 こんにちは、Akiraです。

 今回、電撃文庫で購入したのは次の4冊「つきこい」、「さよなら

ピアノソナタ」、「輪環の魔導師 闇語りのアルカイン」、「ツァラ

トゥストラへの階段」。

 で、今日読んだのが「つきこい」です。この話は『表題作「つきこい」

に「月下少年」を加えた"渋谷の月待ち女"イズミを巡る2つのラブ・ファン

タジー」とのこと。

 「つきこい」の方の主人公は作者曰く「ヘタレ大学生」の青年。「つき

こい」は、この青年がイズミに「トキ」と呼ばれ後ろから肩をつかまれる

ところから始まります(その前にプロローグがありますが)。その日から

彼女のことが気になりだした青年は…… と言った話が「つきこい」。

 「月下少年」はイズミがトキと出会って別れるまでのお話です。

小説に載ってるのは「つきこい」、「月下少年」の順ですが実際は「月下

少年」→「つきこい」といった時系列なわけです。

 ラブ・ファンタジーとなっていますが「ファンタジー」なのは「トキ」

だけであとは普通の「ラブストーリー」といった感じです。

 ヘタレ大学生と言われるだけあって「つきこい」の主人公はところどこ

ろへタレっぷりを魅せてくれます(もっとも、行動力があるので本当にへ

タレかどうか?)。

 主人公の心境とか周囲の動きとかをみると「普通のラブストーリー」

は適切かと…私はこういう話が大好きなので気に入りましたが。こういう

何気ないものを書いてみたいです(こんどはこちらの方面にチャレンジ

してみるのもいいかもしれません)。

 さすがにネタばれはまずいのでこのへんで…ってほとんど書いてないと

一緒ですが。これで興味を持っていただけたら一度読んでみてはいかがで

しょうか?
  
  


 それでは今日はこのへんで、

 また明日お会いしましょう。(^^)ノシ

Akira Kousaka * 小説の感想 * 19:38 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top
RECOMMEND
小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス)
小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス) (JUGEMレビュー »)
新海誠
 原作は新海誠さんの短編連作アニメーション「秒速5センチメートル」です。
 端的に言えば、一人の少年の出会いと別れの物語…でしょうか。
 現在はDVDレンタルもされているようなので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
RECOMMEND
Astral
Astral (JUGEMレビュー »)
今田 隆文
 とある高校生が突然手に入れた「幽霊達を霊視する」という力…ただ見ることと話すことしかできないが、この世に思いを残す少女達に出会い…。
 とそんなお話の作品です。


Profile

MOBILE
qrcode


人気blogランキングへ


ブログペット
メロメロパーク
SPONSORED LINKS