<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

| COMMENT | ENTRY | CATEGORY | LINK | TRACKBACK | ARCHIVE |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - ▲page-top

幸せについて本気出して考えてみた という某グループの曲名を使用して、今回は昨日話題にした「幸せ」について久しぶりに「一考察」として考えて行きたいと思う、そんな今日の記事は92件目。…って、一体どのくらいこのタイトル欄には文字が入るのでしょうか?

 ただひたすらに、長いタイトルに挑戦。

 もはや、趣旨とは離れまくってる気がしないでもありません(汗

 こんにちは、Akiraです。

 今日は久しぶりに「一考察」をしたいなと思います。良く考えてみるとこ

の「一考察」というのは、明らかに自己満足ですよね…

 さ、さて、昨日お話した「幸運量保存の法則」ですが、「不幸になれてく

るとそれが不幸に感じなくなってくじゃないですか。それでささいなことが

幸福になるからちょうど半々になるんじゃないかなあと」という意見もで

てきました。不幸になれるというのも恐ろしいですが、この意見も実に正し

いことだと思います。それに、ホントに些細なことで気付かない幸せもある

と思います。

 実際の所この「保存の法則」は「生まれてから死ぬまでで幸と不幸が半分

半分」という何とも微妙すぎる定義なのです。

 「人という生き物は不幸だったことの方を幸せだったことより、多く記

憶している」という話もありますし、人によって「幸せ」を感じる度合いも

違いがあります。何をもってということも…。

 人の幸せの測り方は、難しいことの一つなのでしょう。

 ところで自分で言うのもなんですが、幸せについて語っているのに「幸

運量保存則」って、何だか違う気が…(汗


 ささやかな疑問を残しつつ今日はこのへんで、

 Akira Kousakaは皆さんの幸せを願ってます。

 それでは、また明日お会いしましょう。
Akira Kousaka * 一考察 * 19:47 * comments(2) * trackbacks(0) ▲page-top

ネカマに関する一考察(その2)

 記事のタイトルに「一考察」があるときはネタ切れの合図です。

 こんにちは、Akiraです。

 さて、前回はネカマとは何かについて語りました。今回は何故ネカマがい

るのかについて考えてみたいと思います。

 本来ネットゲームの女性キャラは、ゲームをする女性のためのキャラで

す。それを男性がやるというのはどうしてなのでしょうか?

 その一つとして考えられるのは興味本位ということです。ただ使ってみた

かったということです。とはいえごく少数の可能性が高いですが…

 他に聞いた話として「装備がかっこよかった」というのがあるようです。

男性キャラより、女性キャラの方が装備に種類があるようです。このことか

ら選択肢の多さからネカマになる方もいるようです。

 なかには、騙して喜んでたりする悪意のあるネカマさんもいるようですけ

ど…

 とはいえ、私がネットゲームでお会いした自称ネカマさんたちは皆さんと

てもいい方たちだったので基本的に彼らは親切で無害のようです。女性のふ

りをなさってる方々なので当然かもしれませんが…

 もっとも、騙された人にとっては、とてつもなく災難なことだと思います

が…(汗

 このようなあやふやな形ですが「ネカマに関する一考察」はこれで終了し

ます。次回は……何にしましょう…?
Akira Kousaka * 一考察 * 20:58 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top

ネカマについての一考察

 オンラインゲームをやってると必ずいらっしゃいますよね。

 こんにちは、Akiraです。
 
 ネットの匿名性を利用して、男性が女性のふりをするのですが、なかなか

見分けられません。オンラインゲームであると女性キャラなので、見た目に

よる印象で確実に騙されますね。しゃべり方が確実に男性の女性キャラでよ

うやくわかるくらいです。

 場合によっては完全に女性のふりをなさるので、騙された人のショックは

大きいことでしょう。
 
 というわけで、しばらくは『ネットおかま』略して『ネカマ』さんについ

て、語りたいと思います。

……いえ、ネタがないわけじゃありませんよ?(汗

 それはそれとして、

 明日、帰省をするので更新が遅れます。

 というわけで
 
 また明日お会いしましょう
Akira Kousaka * 一考察 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) ▲page-top
RECOMMEND
小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス)
小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス) (JUGEMレビュー »)
新海誠
 原作は新海誠さんの短編連作アニメーション「秒速5センチメートル」です。
 端的に言えば、一人の少年の出会いと別れの物語…でしょうか。
 現在はDVDレンタルもされているようなので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
RECOMMEND
Astral
Astral (JUGEMレビュー »)
今田 隆文
 とある高校生が突然手に入れた「幽霊達を霊視する」という力…ただ見ることと話すことしかできないが、この世に思いを残す少女達に出会い…。
 とそんなお話の作品です。


Profile

MOBILE
qrcode


人気blogランキングへ


ブログペット
メロメロパーク
SPONSORED LINKS